『おいも!』/おすすめ絵本

シンプルでストレートなタイトルが気になり借りてみた絵本。この時期にピッタリなおいしそうな一冊だ。

ストーリーというほどストーリーもないのだが、絵本に出てくるホクホクの焼き芋が、とってもおいしそうでたまらない。

文字も少なくすぐ読めるので、何度も繰り返し楽しめる。

『ポッキーの わくわくサンドイッチ』/おすすめ絵本

匂いのする絵本ということで借りてみた。香料印刷なんて初めて見た。こちらもわくわくである。

子ブタのポッキーがたくさんサンドイッチを作るが、いろいろあって自分では食べられない話。少し切ない。

お腹を空かせたポッキー、そこに友だちが集まってきて…というほんわかストーリーの絵本だ。

肝心の匂いのする部分だが、最後の方の1ページ、イチゴをこすると匂いが出てくる。

娘がかなり気に入り、こすってはしきりに「匂ってみて」と私にせがむ。私の方が匂ってるなと思いつつ、本に顔を近づける。

『おもちのおふろ』/おすすめ絵本

おもちがお風呂に入ってる、かわいい表紙に惹かれ借りてみた。

2人(?)のおもちが銭湯に行き、色々なお風呂に入っていくお話。かわいい表紙のテイストはどこへやら、若干シュールな絵が続く。

物語も所々シュールではあるのだが、娘は気に入ったみたいで「読んで〜」と、せがんでくる。

お風呂屋さんに行ったとき、あるいは、おもちを食べるとき、ふと思い出してほっこりできるかもしれない、そんな絵本だ。