『おたんじょうびの 2つのたまご』/おすすめ絵本

たまごを手に取った、たまごのような顔をした2人の女の子の絵を見て興味を惹かれ手に取りパラパラめくってみた。うん、面白そうだ。借りてみよう。

誕生日に開くパーティー。ジンジャーという女の子はみんなを呼びたいけれど、1人だけ呼びたくない子がいる。

でも、全員を呼ぶか1人も呼ばないかの選択を迫られ、仕方なくその子も呼ぶことになったのだけど…というお話。

馬が合わないと思っていた人が、接してみると実は気が合うということは、ままあることである。

この絵本でも、呼びたかったはずの友だちがパーティーを台無しにし、呼びたくなかった子がジンジャーを救ってくれるという素敵な心温まるストーリーが展開される。

友だちを選ぶとき、偏見を持ってしまわない大切さ。自分といてくれることへの感謝や一緒にいて楽しいとはどういうことか何て事を少し考えさせててくれる、そんな絵本である。

絵柄も海外作家っぽい色使いと、ややラフな線が物語とマッチして印象深い。

おすすめの絵本である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です