コゲラ/日本の野鳥たち

少し高い木のある公園を歩いているとき、ふと”コロロロロ…”という甲高い音を聞いたことがあるだろうか。

乾いたやや早めのビートを刻んだその音の主は、コゲラという鳥である。コゲラはキツツキの仲間で先の音は木を叩くドラミングという行為の音である。

最初なんの鳥かわからなくても、特有の木に垂直にとまる姿でキツツキ類とわかる。

コゲラはわりとよく見かける鳥で、小さく動きもかわいい。木の幹を小刻みに動く様は、さながら忍者である。見つけたら少しハッピーになれる鳥だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です