『ポカポカスープ』/おすすめ絵本

風邪をひいて寝込んでいると、どこからともなくおいしそうなスープが現れて…。

風邪をひいたどうぶつたちが集まってきたのは、スープを作る謎のおじさん。おじさんの作るポカポカスープを飲むと風邪が治ってみんな元気に。

温かみのある絵で、スープもおいしそう。子どもが風邪をひいたときに読んであげたい1冊だ。

『おいも!』/おすすめ絵本

シンプルでストレートなタイトルが気になり借りてみた絵本。この時期にピッタリなおいしそうな一冊だ。

ストーリーというほどストーリーもないのだが、絵本に出てくるホクホクの焼き芋が、とってもおいしそうでたまらない。

文字も少なくすぐ読めるので、何度も繰り返し楽しめる。

『ポッキーの わくわくサンドイッチ』/おすすめ絵本

匂いのする絵本ということで借りてみた。香料印刷なんて初めて見た。こちらもわくわくである。

子ブタのポッキーがたくさんサンドイッチを作るが、いろいろあって自分では食べられない話。少し切ない。

お腹を空かせたポッキー、そこに友だちが集まってきて…というほんわかストーリーの絵本だ。

肝心の匂いのする部分だが、最後の方の1ページ、イチゴをこすると匂いが出てくる。

娘がかなり気に入り、こすってはしきりに「匂ってみて」と私にせがむ。私の方が匂ってるなと思いつつ、本に顔を近づける。