『まねきねこ だいさくせん 』/おすすめ絵本

江戸時代のような時代物の絵本。絵も細かく書き込まれており、色も綺麗な一冊だ。

とある蕎麦屋の少年とそこのまねきねこのお話。

味はうまいのに客が来ない。このままでは店をつづけることができない。

開幕早々、物騒な始まりである。なんとかしたい少年だがなす術がない。

そこで出てきたのが、蕎麦屋のまねきねこのぼろ丸。

ぼろ丸と商店街の仲間たちが見事な連携を見せお店に1人の客を呼ぶ。

果たしてその結末やいかに。

テンポが良く、話もわかりやすいので読み聞かせにうってつけである。

また、各ページにちょっとした、隠しキャラなんかもいて、読み終わったあとにそれらを探すのが楽しい。

娘の大好きな1冊である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です