チュウヒ/日本の野鳥たち

赤茶色でやや白みがかった、猛禽類としては若干ふっくらした(ように見える)フォルムの鳥。それがチュウヒである。

『チュウヒのV字 Eastern Marsh Harrier』

開けた草原、葦原などに生息する。特徴はV字を保ったままの飛び方で、非常に美しい。

似た鳥でノスリというのがいるが、ノスリはより白っぽく生息地も山地である。

『チュウヒ 〜獲物を捕まえています〜 20180319』

見事に獲物を捕まえたチュウヒ。人の暮らしのすぐそばでも、こうした生き物たちの生存競争が繰り広げられている。

『野鳥撮影・【野鳥動画】チュウヒ対カラスのバトル・4k』

カラスに追われるチュウヒ。トビもそうだが大型の猛禽類はカラスによく追いかけられる。

小回りが効くぶん、カラスに分があるのだろうが、猛禽好きとしては少々見ていて寂しい光景である。

猛禽の逆襲でスカッとしたい人には、こちらの動画がおすすめである。

『カラス対、鷲、鷹、猛禽類■脚力が決めて■ほん怖』

話はそれたが、身近に見ることのできるカッコ良い猛禽なので、トビに見飽きたら是非探してみてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です